【初心者必見】おすすめクライミングシューズ【スポルティバ編】

この記事は約11分で読めます。

別の記事で初心者の方にお薦めするクライミングシューズを紹介しました

その時紹介したのは実際に自分が使ったことのある5.10のシューズでした

しかし思い返すと最終的に気に入ったのはスポルティバの靴です

そこで今回は初心者にスポルティバの中でなら何をお薦め出来るかなと思いこの記事を書いています

今回注目したのは特に足裏感覚に優れているシューズです

外岩ではなくジム内で登る初心者にとっては足裏感覚が大事だと思ったのが理由です

今回紹介するシューズは次の5つです

  • セオリー
  • パイソン
  • コブラ
  • スピードスター
  • マーヴェリンク

結論から言うと初心者に一番勧めるとしたらこの中では

マーヴェリンク

です

その理由をそれぞれ特徴を紹介しながら説明していこうと思います

スポンサーリンク

スポルティバ クライミングシューズの特徴

スポルティバのホームページには各シューズの情報が視覚化されて紹介されています

  • 足裏感覚
  • 剛性
  • ワイズ
  • 理想サイズ

それぞれ

足裏感覚はホールドに立った時の感覚を足に伝える性能
剛性は硬度のことでシューズ全体の硬さの指標
ワイズは足の幅で数値が高いほど広い
理想サイズは数値が低いほどキツめで高いほど広めを推奨

となっているようです

数値は全部で5段階になっているようで今回はその中で

足裏感覚が5の靴を選んでいます

初心者は足裏感覚がいい方がいいというのはあくまで個人的な意見になるので参考程度に考えてもらったらいいかなと思っています

またそれ以外の数値をそれぞれレーダーチャートにしてみました

スポルティバ セオリー

スポルティバの新作ですね

今回調べてみて個人的にも少し興味が出来てきた靴です

ターンインでダウントゥの靴でP3システムを採用しているため性能が落ちにくいようですね

ソールはビブラムソールXsGRIP2を使用されているようです

これはやや柔らかめのソールで足裏感覚に優れるため、フリクションが効きます

またD-TECHと呼ばれるエッジレス加工されたアウトソールのおかげであらゆる形状のホールドに対応してくれるようです

これが新テクノロジーということでしょうかね

見た目だけの判断なので分かりませんが、ヒールもしっかりしてそうだしトウフックもかかりそう

外岩には使えないかもしれませんが、ジムで使う分にはすごい性能を発揮しそうだなと思いました

話がずれましたが、初心者に向いているかと言われると正直どうだろうなという感想です

もう1つおすすめしにくい理由があります

それは

値段が高いということです

税別¥21,000は最初の1足目に購入するにはハードルが高すぎるなと感じます

2足目の購入にはお薦め出来そうですね

スポルティバ パイソン

これは周りでも使ってた人は多かった気がします

見た目でいうとコブラにベルクロがついた感じに見えると思いますが、性能は違います

パイソンはソールの真ん中がないのでよく曲がるんですが、コブラは曲がりません

ですので外岩で使いやすいのはコブラかなと思います

自分がパイソンではなくコブラを使っているのはこれが理由の1つです

ヒールはパイソンの方が大きいと思います

ソールはセオリーと同じでビブラムソールXsGRIP2を使ってるので柔らかめのソールですね

というかお気づきかもしれませんが、今回紹介するシューズは全てこのソールが使われています

セオリーに比べると剛性が低いので柔らかいかと

そういう意味では初心者にはこちらの方が使いやすいかもしれませんね

スポルティバ コブラ

パイソンと違いスリッパタイプで、ソールがパイソンと違って中央で曲がらないので小さいホールドにはこちらの方が乗りやすいと思います

ゆくゆく外岩で使う時も全然問題なく使えます

個人的におすすめしたいシューズですが、やはりサイズは攻めた方がいいかな

そういう意味では初心者には勧めにくいのかもしれないと書いていて思いました

でもシューズそのものはいいですので興味があれば是非どうぞ!

グラフだけ見るとやはりパイソンと一緒なんだなぁと

グラフ以外での違いを知った上でどちらかを購入するか迷う感じになりそうです

もちろんソールはビブラムソールXsGRIP2です

一言でこのシューズの感想を言わせてもらうとスリッパの最高形です

気に入っているシューズなのでエコ贔屓感は否めません(笑)

新作でコブラ 4:99というシューズが出ていましたがスピード競技の為のと書いてあったので初心者は選択肢としてはいれなくていいのかなと思います

スポルティバ  スピードスター

このシューズの特徴はなんと言ってもノーエッジのシューズということです

アウトソールのエッジを無くしてより足の指がダイレクトに当たる感じかなと

履いたことはないんで分かりませんが、ノーエッジのシューズは個人的にも興味がありますね

岩にふれる接地面積が広く、均一なプレッシャーでホールドに立てるようです

繊細な動きが可能になります

ワイズの数値が大きいので結構広めな靴かもですね

ソールはもちろんビララムソールXsGRIP2です

またP3システムを使っているようなので性能も落ちにくいかもしれませせんね


スポルティバ スピードスター ★ ロッククライミング ・ クライミングシューズ ・ ボルダリングシューズ ★

スポルティバ  マーヴェリンク

今回、初心者におすすめするシューズはこのシューズになります

これはスピードスターと同じでP3システムノーエッジのシューズです

ソールはもちろんビブラムソールXsGRIP2で柔らかめですね

ノーエッジの靴というのは初心者にとって履きやすいのかなということと、理想サイズの数値が高いというのが気になりました

おそらくサイズ選びでそこまで攻めなくてもサイズ的にも問題ないのではないかと思います

そんなにサイズを攻めなくてもいいのは、痛みも我慢せずに使っていけるので1つメリットになるんじゃないかと考えます

ノーエッジのシューズはスピードスターもなんですけど、値段が高い・・・


スポルティバ マーヴェリンク Maverink ( Flame / Sulphur ) ★ ロッククライミング ・ クライミングシューズ ・ ボルダリングシューズ ★

あとサインペンがついてるみたいでイラストもかけるみたいなんですけど、自分は絵心が全くないので使わないだろ〜なと思ってます

絵が上手な人は何か書いてみても楽しいかもしれませんね!

スポルティバ クライミングシューズ まとめ

今回はスポルティバシューズについてまとめました

足裏感覚の評価が高いことを前提に紹介しましたが

  • 値段が税別¥15,000と安い
  • サイズを攻めなくても足に馴染みそう
  • P3システムで性能も長持ちしそう

という理由からマーヴェリンクがベストかなという結論に至りました


スポルティバ マーヴェリンク Maverink ( Flame / Sulphur ) ★ ロッククライミング ・ クライミングシューズ ・ ボルダリングシューズ ★

もちろん他のシューズが悪いわけではないですので、興味を持ったシューズを選ぶのもいいと思います

最後に一覧にまとめてみますので購入される際の参考になればと思います

商品名値段(税別)ビブラムXsGRIP2P3システム ノーエッジD-TECH
セオリー¥21,000
パイソン¥16,400
コブラ¥15,400
スピードスター¥19,500
マーヴェリンク¥15,000
注意:値段はLA SPORTIVAのホームページを参考にしています

コメント

タイトルとURLをコピーしました