【懐かしゲーム】昔ハマったおすすめソフト~飽き性でもクリア可~

この記事は約15分で読めます。

RPGって最初はワクワクするんですけど、なにかのきっかけで一旦やめちゃうと、そのままプレイしなくなったなんて経験ありませんか?

自分はそんなんばっかです。時間があると出来るかもしれないんですけど、忙しくなるとこんな経験が増えちゃう気がしてます

今年はコロナの影響で自宅にいる時間が増えた中、例年と比べてもゲームをしている時間が増えてます。

最新のゲームは綺麗で感動していいんですが、昔のゲームにも面白いゲームはたくさんありますよね

久しぶりにやってみると良さを改めて感じますので、次に何をしようか悩んでる方は最新ではないゲームを試してみてはどうでしょうか?

そこで飽き性な自分でも最後までクリア出来た、自信を持っておすすめ出来るゲームをざっくりとですが紹介します!

今回はほとんどRPGゲームなので1人でゲームを楽しみたい方はぜひ参考にしていただければと思います。

またスーパーファミコンから始めたので、紹介するのがスーファミ以降のソフトになるのはご了承ください

スポンサーリンク

スーパーマリオRPG

初めて遊んだRPGゲームはスーパーファミコンの『スーパーマリオRPG』でした

マリオRPGのシリーズは今では色々出てますが、このシリーズの原点です

当時『スーパーマリオワールド』や『マリオカート』などマリオの作品は色々ありましたが、一風変わったゲームという印象がありました。

任天堂とスクウェア(当時の)のコラボ作品で自分が初めてRPGでドハマリしたゲームです。

  • マリオシリーズ初のストーリー要素
  • やりこみ要素あり(アクションコマンドなど)
  • 耳に馴染むBGM
  • 作品オリジナルの個性あるキャラクター

最大の魅力は他のマリオシリーズと違い、今までになかった明確なストーリー要素があるということではないでしょうか?

いつもと違うストーリー展開に当時はワクワクしたものです!

この作品は音楽も好きでした

戦闘からマップ、村やステージ内の音楽まで魅力的で、大人になった今でも鮮明に思い出すことが出来ます

昔のゲームではありますが、BGMやストーリー、キャラクターなどすべてにおいて完成度の高いゲームだと思います!

テイルズ オブ ヴェスペリア

テイルズシリーズはいくつかやったことはあるんですが、個人的に一番好きだったのは『ヴェスペリア』でした

  • 主人公『ユーリ』のかっこよさ
  • 仲間との絆
  • 暗い展開が少ない
  • 主人公の成長物語というよりかは周りのメンバーが成長していく
  • 正義を貫き通すRPG

最後の1つはこのゲームのテーマになってます

このゲームで一番印象に残ったのは、他のテイルズシリーズとは違う主人公としての立ち位置です

他のテイルズのシリーズも何個か知ってはいるんですが、どれも主人公が挫折や苦難を経験し成長していく話が多かったと感じました

この作品では成長するのが『ユーリ』ではなく、むしろ『ユーリ』が仲間をフォローしていくことでみんなが成長するシーンが多いのが特徴的かなと思いました。

主人公は成長するというよりかは、自分の中の正義を貫くためにどう行動するのがいいか悩んでるように見えました

最終的には罪を犯しながらも正義を貫いちゃうので、ダークヒーロー的なキャラになりますね

それがスカッとして、また魅力の1つになるのかなと思います

こんな主人公なので、さりげなく周りをフォローしたり、自分の信念を貫く姿を見て「かっこいいな」と感じる人が多いのではないでしょうか?

自分は発売当初Xboxでプレイしていましたが、今はNintendo SwitchやPlay Station4でも発売されているようです!

もしテイルズシリーズに興味がある方で、暗い話はちょっと苦手だなという方にはおすすめできる作品だと思います

英雄伝説~空の軌跡~

今回紹介する中で一番おすすめしたいシリーズになります

ファルコムの『英雄伝説』シリーズであるこの作品は、昔やることがなくて何をしようか悩んでた時に『英雄伝説』という響きだけで購入してみたゲームでした

きっかけはそれだけだったんですけど、この後このシリーズにどっぷりハマってしまいました。

  • 王道のRPG
  • 良曲ぞろいのBGM
  • 個性あるキャラクターたち
  • 意外なストーリー展開
  • NPCとの会話、クエストが豊富

このシリーズで個人的に一番好きな理由というのが音楽です

オープニングから始まり、世界観にあった移動中のほのぼのとしたBGM、重要な戦闘での熱くなる音楽!

どれも完成度が高く、のめり込む原因になったのだと思います。

個人的に一番好きなところは『空の軌跡3rd』でのフィリップ戦のBGMです!

かなりかっこいい音楽で鳥肌がたったのをいまでも覚えてます

ストーリーの完成度も高くて面白いんですが、注意点が1つ

この軌跡シリーズの一番最初の作品は『空の軌跡FC』なんですが、続編ありきで作られています

2作目の『空の軌跡SC』に続く話になっているので、仮にハマった場合は続編までプレイすることになるので、結構時間はかかる点は注意しましょう!

もちろん『空の軌跡FC』をやってみてつまらないと思えばそこで終わればいいとは思うんですが・・・

最後までやった人は絶対続きが気になると思います!そういう終わり方になってます!

軌跡シリーズではラスボスが意外な人物であることが多いです。

「なんでこの人はキャラ絵がついてるんだろう?」

って思った人や

「やさしそうな人だな」

と思った人が黒幕だったりすることもめずらしくないので、意外な展開にワクワクさせられるのも魅力の1つだと思います。

メインストーリー以外でも、サブクエストも豊富にあります

そしてなによりNPCの会話のバリエーションが豊富!

2回目の会話では話す内容が変わるし、ストーリーが少し進んだらまた内容が変わります

こまめに話しかけていると意外と時間がかかってしまうほどです

それがまた楽しくはあるんですが・・・

キャラクターも個性豊かな人たちばかりで飽きません!

気になった人は是非この『軌跡シリーズ』に触れてみてください!

ちなみに現在『閃の軌跡』のシリーズまで発売されてます

全部で10作品くらいとかなりの数が存在します

どれもつながってるのでこのシリーズにハマればかなりの時間を費やすことになるかもしれませんね

サクラ大戦

超有名な作品だと思うのであえて詳しくは説明する必要もないかもしれません

OPの激!帝国華撃団は聞いたことがある人もいるのでは?

セガからでたセガサターン用のソフトが初代になります。

ちなみに自分はドリームキャストでプレイしてました。あれ結構うるさいですよね・・・

  • 好感度のもてる主人公
  • 和の雰囲気のある音楽と戦闘時の壮大な音楽

他のゲームに比べると特徴としてあげた点は少ないですけど、一番はやはり主人公である『大神隊長』のかっこよさだと思います!

すごく真面目で熱い人で、徐々に仲間に認められていく姿はかっこよく、気持ちいいものがあります

そしてBGMはワンピースの「ウィーアー!」などでも有名な田中公平先生が手掛けてるので、ワクワクさせられる音楽が多いのも特徴です

マップ移動などはどちらかというと和っぽいテイストの音楽なのかなという印象です

ちなみに3作品目はパリが舞台になっているんですけど、そこではフランスを彷彿させるような音楽になっています

個人的には声優さんをみてても、サクラ大戦とワンピースは繋がりのある人も多いなぁと思ってたりもします

会話や行動の選択画面に制限時間があるのも斬新でした

しかも中には時間切れが正解というパターンもあるというので驚きです!

意外と自由度が高いゲームでもあるのかなと思います

PS2をお持ちであれば初代(熱き血潮に)と3(巴里は燃えているか)はプレイ出来ます。

4はドリームキャストでしかプレイ出来ません

もし全部するつもりなら、手に入れるのが難しいかもしれませんがドリームキャストがおすすめです!

今年新しくアプリゲームで『サクラ革命』というゲームも配信されるようです

スマホで出来るサクラシリーズということで楽しみにしてます!

FF10

今までFF7~10をFFシリーズの中ではプレイしたことがあります

この中で最もおすすめするとしたらFF10になるかなと

物語が進むにつれてどんどんストーリーの深みにハマり、音楽も心にしみるようなものばかりだと気づきました

正直やり始めた最初の方は音楽、戦闘システム、キャラデザインは好みじゃないかもなぁと思いました

そういう意味では最初と後半とでかなり印象が変わってくるゲームかもしれません

オープニングの『ザナルカンドにて』は初見と後半まで進めてから聞くのとでは全然印象が違ってきます

切なく悲しい物語かもしれませんが、間違いなく感動できる作品だと思います!

やったことがない人は是非プレイしてみてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました