【白夜極光】リセマラ回数には限りがある?白夜極光のリセマラ仕様について

この記事は約3分で読めます。

先日新しく白夜極光が配信開始となりました

新しいゲームということで今回はリセマラがどんな仕様になっているかを紹介します

最近のソシャゲはデータがSNSのアカウントで連携されたりと、リセマラが気軽に出来ない仕様が多いです

この白夜極光も同様で、プレイ開始時にアカウント連携が必要だということが判明しました

今回の記事テーマはリセマラできる回数についてですが、結論からいうと

5回+α

です!

この+αは「メールアドレスの数」になりますが、メールアドレスを複数持ってる人は少ないと思います

ですので実質6回〜7回になるかと思います!

では具体的な仕様について解説します!

※iPhoneユーザーなのでiPhoneの場合で解説してます!ご了承ください!

スポンサーリンク

データ連携はSNSとメールアドレス

ゲームをダウンロードした後データを何と連携するか選択する画面になります

ここで選択できるのは以下の通り

  • ゲスト
  • AppleID
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • メールアドレス

ゲストは初回1回のみ

ゲストは特に設定の必要はなくプレイすることができます!

1番手軽に始めることが出来ます

1番左にあるアイコンが「ゲスト」のようで、押したらすぐにゲームが開始になります

SNS、AppleIDは認証を

他のアイコンをタップした場合は、それぞれのSNSでの認証が必要になります

僕がやった時はFacebookとLINEはボタンを1回押すだけで終了しました

Twitterはユーザ名とパスワードを入力する必要があります

普段Twitterを使わない人はパスワードなど確認しておきましょう

メールアドレスはパスワードの設定

最後にメールアドレスでの連携です

他のアイコンとは別に「メールアドレス」と「パスワード」を設定する欄があるので、そこに入力して開始になります

これはつまり、『メールアドレスを増やせばデータも増やせる』ということになります

ただ、メールアドレスを作成するのも時間がかかりますし、手間がかかるので、時間に余裕がある人はやってみてもいいでしょう!

まとめ

今回は白夜極光のリセマラの仕様について解説しました

リセマラは不可能ではないが、メールアドレスを作る手間を考えると無限にするのは現実的ではないと感じました!

リセマラにかかる時間は回数に限度があると考えると、20回ガチャを引くまでやった方がいいでしょう

そうなると1回にかかる時間は25分ほど

6〜7回やると考えると150分〜175分といったところでしょう

2時間半〜3時間でやってしまい、1番ガチャの引きが良かったデータで遊ぶのを個人的にはお勧めします!

実際にリセマラにかかる時間について計測してみたデータもあるので、別記事でまとめようと思いますので、興味がある方はそちらも参考にされてください!

リセマラの方法についてもまとめる予定です!

今回は以上になります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました